水牛通信 1978-1987

水牛通信編集委員会 (著)

型番:boss007

3,200円(税込)

出版社: リブロポート 1987年刊 第1刷

245頁 , 図版多数 , オールモノクロ , 18.4×25.7cm

ソフトカバー , 日本語

コンディション: VG/VG

※ジャケット全体に少しのスレ汚れと、上下部に少しのヨレあり。本体の天に中程度のヤケと、小口と地に少しのヤケと、上下部に研磨跡あり。
ページ内のコンディションは比較的良好です。

「水牛通信」は毎月十日に発行していた月刊誌の名前である。百号で終刊とするきっかけは、編集委員会みずから企画制作した高橋悠治のオペラ「可不可」の公演である。「みにくいJASEAN」から「可不可」まで。これが水牛の9年間といえるだろう。ここではその9年間を年代順に四つに分け、間に藤本和子、田川律と柳生まち子、高橋悠治の特集をはさんだ。ここにおさめることができたのは、分量からいうと百号分の1割弱である。翻訳および運動や文化の情報などは、はじめから除外して編集した。(「BOOK」データベースより)

More image