20世紀美術におけるプリミティヴィズム - 「部族的」なるものと「モダン」なるものとの親縁性

ウィリアム・ルービン (編) William Rubin

型番:boan004

12,800円(税込)

出版社: 淡交社 1995年刊 初版

図版多数 , 内カラー多数 , 23.4×31.5cm

ソフトカバー , 函、別冊「日本語版のための補遺編」付き , 日本語

コンディション: VG(函)/F(別冊)/VG

※函全体に少しのスレ汚れあり。2冊とも表裏表紙全体に少しのスレと、周囲に僅かなぶつけ跡あり。1巻裏表紙上部に5×50mm大のコーティングの剥がれあり。
2冊ともページ内のコンディションは:F

1984年から翌年にかけてニューヨーク近代美術館で『Primitivism in 20th Century Art: Affinity of the Tribal and the Modern(20世紀美術におけるプリミティヴィズム:「部族的」なるものと「モダン」なるものとの親縁性)』と題して行なわれた展覧会に合わせ刊行された一冊。
1989年にポンピドゥー・センターで『Magiciens de la Terre(大地の魔術師たち)』と題して行われた展覧会と双璧をなすプリミティヴィズムを語る上で外すことの出来ない展覧会での一冊で、ピカソにマティスをはじめ20世紀の西欧アーティストと部族的なるものの造形とを併置し考察されています。

More image