パウル・クレー手稿 造形理論ノート

パウル・クレー Paul Klee(著), 西田秀穂 松崎俊之(訳)

型番:BOYP002

 

写真を詳しく見る
著者:  パウル・クレー Paul Klee(著), 西田秀穂 松崎俊之(訳)
出版社:  美術公論社 1988年刊 初版
337頁 , ファクシミリ版手稿 + 翻訳テキスト , 17.3×21cm
ハードカバー , 帯付 , 日本語
コンディション:  VG/VG
バウハウスの教授として招かれたクレーが、1921から1923年の間に行った講義のために用意した草稿を、ノートの青線そのままにファクシミリ印刷した、ファンならずとも興味をそそられる一冊です。
  前半部にファクシミリ印刷、後半部に詳細な日本語訳を付した二部構成です。